伝統芸術は守破離で新日本舞踊になる

>

守破離を実現している

森のクラブ日本舞踊家

華音さん

レッスンの見学に

行かせて頂きました

守破離とは?

まず「守(しゅ)」で、

師匠に教わった「型」を

徹底的に守ることから

始まります

次に師匠の教えに

従って修行を重ね、

既存の「型」を破ることが

できるようになります

さらに修行を重ねることで

師匠から教わった

最初の型ではない

自分独自の型が

出来上がります。

これが「離(り)」のステップ

華音さんのレッスン

素晴らしかったー

長年培った技術は

一瞬で

見抜くチカラを

持っていました

的確なポイントを

伝える事で

皆さんの踊りが

みるみる

変わっていきました

レッスンの最後に

華音さんがjupiterに

合わせて踊って

下さいました

美しくて優しい踊りには

がいました

絵巻物に日本人形が

踊っているように

見えました

感動して

涙出そうでした✨✨✨✨

華音さん考案の

新日本舞踊とは?

現代の楽曲に

合わせて

美しくて品のある所作で

振り付けした

新しい日本の

伝統文化の踊りです

森のclub 日本舞踊

 

 

参加される皆様は

浴衣に着替え

レッスンか始まりました

華音さんの今日のお着物

↓↓↓

帯の結び方も

素敵でした

↓↓↓

踊る時の

着物の着方は

違うそうです

踊る時に

動きやすい着方👆🏻

腰を落とした時に

引きずらないように

腰の位置の着物を

ぴったりにします

今日のお題は

竹内マリアさんの楽曲

新日本舞踊ならではです

リズムに合わせて

踊りますが

新日本舞踊の

優雅な動きと

リズム感は

言葉に表せないくらいの

エレガントさです

足音はしません

着物の衣擦れの音だけ

なんといっても

指先の美しさが

優雅な手の動きで

踊りが数段優雅さを

増します

腰の位置は

ぶれません

体幹がしっかりしていないと

静かでエレガントな

体重移動はできません

目線

指先

親指

足の向き

細部に気を配ります

着物は足先や膝は

見えませんが

足が大胆に動かないこと

ひざをはなさいこと

歩幅を狭くすることが

美しく踊るポイントです

両方の足に均等に体重を乗せる

足はすり足

女性らしさの全てが入っている

新日本舞踊です

華音さんが

情熱込めて生徒さんに

レッスンされていました

華音さん考案の

素晴らしい新日本舞踊は 

日本の新しい伝統文化として

発展していくと思います

新日本舞踊に

ご興味のある方は

体験もできるそうです

↓↓↓

こちらへ

 

華音さんは

美女visionにも

ご出演して頂いています

素敵なお話しをして頂きました

↓↓↓

 

情熱の新日本舞踊家

 

 

神は細部に宿ります

指先、爪先まで

気を抜いては

いけません

華音さんのネイルは

いつも指先に虹色の

ラメが入ります

踊る度に虹色に

光る指先です

手を見るたびに

嬉しいと言って下さいます

↓↓↓

指先をキラキラさせると

手の動きも

優雅にうつります

指先、爪先まで

美しくなりたい方は

↓↓↓

こちらから

 

 

華音さんのブログは

こちらから

 

 

年齢はただの数字

〇〇歳だから仕方ない

あきらめたなんて思わないで

 

 

完全予約の

元CAのおもてなしで

指先から全身ローズを纏い

バラ色の生活を始めましょう🌹

 

 

美肌ネイルレイのSNS はこちらからご覧になれます

 

 

 

 be happy nail❣️bihadanail❤️

 

美肌ネイルの公式ラインで是非お友達になってね❤️

ここをクリックしてね。

↓↓↓

友だち追加

 

 

By

サロンのご予約・お問い合わせ

横浜元町ネイルサロン『ネイルレイ』
〒231-0861 横浜市中区元町 3-145-3-201

TEL:045-263-9594 お気軽にお問い合わせください
営業時間:10:00〜18:00
不定休となっております。
また、営業時間外でも対応できることがあります。(追加料金はかかりません)

info@bihadanail.com

公式LINE

    『ネイルレイ』アメブロ

    ⬆タップして『ネイルレイ』のアメブロへ⬆

    サロンへのアクセス

    石川町駅から 徒歩5分 / 元町中華街駅から 徒歩7

    元町商店街 Itoya伊東屋の横の汐汲坂を入っていきます。

    坂の手前の「グランメール元町ビル」の奥の右手へ。緑色の扉の中にあるインターフォンで201をお呼びください。